女性

うつ病の原因について調べる【費用がいくらかかるのかも悩み】

セロトニンで治します

病院

セロトニンが重要

うつ病を発症する原因の1つに、セロトニンが不足しているということが考えられています。セロトニンは脳内伝達神経細胞の一種で、不足してしまうとストレスを感じやすく、そのうえストレスを解消させることができない状態となります。そのため心療内科や精神科で診てもらうと、抗うつ剤を処方されることがあります。抗うつ剤はセロトニンを脳内に分泌させるための薬で、分泌させることでうつ病の症状を軽減させ、同時に原因と考えられているストレスも減少させることができるように処方されます。しかしセロトニンを人工的に分泌させることで、必要以上に分泌させてしまうことがあるため注意が必要です。必要以上に分泌させてしまえば、セロトニン症候群という病気にかかってしまう可能性があります。セロトニン症候群とは、足がムズムズして眠れないほど気持ち悪くなるのが症状の1つといわれています。うつ病の症状では不眠も出てくることがあります。病気を治して眠れるようにするはずが、ムズムズして眠れなくなれば逆効果です。そのような症状があらわれば処方を止め、医師と相談することが必要です。現在、うつ病の原因となるストレスをなかなか解消できずにため込んでしまう人が多く、病気を発症してしまうケースがたくさんあります。ストレス社会といわれている現在人は、ストレスをため込みながら仕事や学業など作業に取り組んでいることがあり、そこからさらに人間関係や環境の変化によってさらにストレスを感じて精神が耐えられなくなり、うつ病になってしまう人はたくさんいます。そのストレスを軽減できるセロトニンは、人工的に摂取することしかできないのかといえばそうではありません。ちょっとした習慣を身につけるだけで脳内に分泌させることができ、うつ病を予防させることができます。セロトニンを分泌させる方法は、15分から30分ほど日が昇っている時間内に散歩をするだけで十分です。太陽の光はセロトニンを分泌させる力を持っており、特に旭はその効果を最大限に発揮させるといわれています。つまり早起きして少し散歩をするのが、一番良い効果を引き出すということです。太陽の光で病気の原因となるストレスを軽減させることができます。