女性

うつ病の原因について調べる【費用がいくらかかるのかも悩み】

薬剤や心理療法で治療です

カウンセリング

よく精神科医を調べよう

うつ病は精神科疾患の中では日常生活に支障を来す病気です。原因は決して一つではなく、様々な要因が絡み合っています。その中でも遺伝的な要因と環境的な要因がかなり大きいと言われています。遺伝的な要因はどうしようもありませんが、環境的な要因であれば変えることが可能です。例えばうつ病を発表する原因となったものから離れるのも一つの方法ですし、原因に立ち向かうのも一つの方法です。どちらにしても原因になってしまったものから離れるのはかなり有効です。ただし無理をして解決させたり、離れさせたりすると悪化してしまう可能性あるので、体調面には要注意です。精神科医の得意分野などもきちんと調べておく必要があります。精神科の疾患の中でも統合失調症やアルコール依存など様々な病気があり、専門分野を持っている精神科医もたくさんいます。そのためうつ病の診察が不得意な医師もいるので、事前によく調べておく必要があります。どうしても分からない場合には、市役所の保健師などに聞くのも有効です。うつ病の原因を取り除くには心理療法を利用するのも良い方法です。心理療法を利用すればうつ病の原因になるような場面に出会うことになっても、自分自身で対応することができるようになります。しかし心理的には無理をする可能性もあるので、必ず心理療法に同席する臨床心理士や精神保健福祉士の支持を守る必要があります。また投薬による治療も非常に有効です。使用する抗うつ薬も最近では非常に種類が豊富で、しかも副作用がほとんどないSSRIやSNRIなどどいった薬剤も開発されています。こちらの薬剤を服用すると、緩やかに気持ちを上昇させられていく効果が認められています。以前だと口の渇きがひどかったり、手の震えがひどかったりなどの副作用が確認されていましたが、SSRIやSNRIなどはほとんど副作用がありません。それだけでなく睡眠導入剤も副作用がほとんどないです。また妊娠した女性が服用してもほとんど問題ありません。そのため誰でも比較的安心して抗うつ薬や睡眠導入剤などを服用することができるようになっています。